ナチュラルピンク系が勢ぞろいの11色アイシャドウパレット

ナチュラルピンク系が勢ぞろいの11色アイシャドウパレット

お勧めのアイシャドウはコレです!

メーカー:ビューティーワールド
商品番号:BWアイシャドウパレット
色番号:ブロッサムピンク

オススメアイシャドウ
色味はブロッサムピンクの名前の通り、桜色のナチュラルなピンクを中心とした11色です。ハイライトカラーのマットな桜が色2色、中間色のはっきりとしたピンクはラメ入りが4色とマットが1色。締め色は全てラメ入りで、ゴールドブラウン、ダークブラウン、グレー、アッシュグレーの4色です。ラメは小ぶりで、きれいなグラデーションが作れます

質感はマットタイプがやや粉っぽいですが、その他はラメが小ぶりで扱いやすく、指で重ね塗りすると濡れ感も出すことができます。ビビットな色がない代わりに、使いやすい色ばかりなので、手持ちの他のアイシャドウと合わせて、季節感を出すのに持っておいて損のないパレットです。

塗り方のおすすめは、まず淡いピンクをアイホール全体に塗り、二重幅にラメの入った濃い目のピンクをのせます。アイラインの代わりに締め色の濃いブラウンでラインを引き、最後に涙袋にマットのピンクをのせて、あざとくないナチュラルなうさぎ目メイクの完成です。チークもアイシャドウに近い桜色を使うと、よりメイクに統一感を持たせることができます。

 

どうしてこれがオススメかというと・・・

このアイシャドウパレットのおすすめポイント一つ目は、なんといっても使いやすさ。これ一つで、自然なグラデーションが何パターンも作れます。また、色味が優しいので、重ね塗りしてもきつい眼もとになりにくく、ナチュラルに仕上がります。

おすすめポイント二つ目は、捨て色の少なさ。これまではパレットを買うとどうしても、使いやすい色やお気に入りの色ばかりが減ってゆき、使いにくい色が残ってしまっていました。ですが、このパレットは捨て色が少ないので、組み合わせ次第でどの色もまんべんなく使うことができます。また、定番のグラデーションのうち、一色を入れ替えて変化をつけたり、手持ちの他のアイシャドウと合わせたりすることでアイメイクの幅を広げられます。

ブロッサムピンクという商品名を見て、使うのは春先だけかなと思って購入しましたが、締め色は季節を問わず使える色も多く、一年中お世話になっています。特にハイライトカラーの淡い桜色は、まぶた以外でも鼻筋や目じりに使っても白浮きせず、これまで使っていた白のハイライターには戻れないほど重宝しています。このパレットにトレンドの単色アイシャドウを合わせるのが、最近のお気に入りです。

 

愛用アイシャドウの紹介♪カテゴリの最新記事